Pentax Qとマウントアダプタ

DMC-GF1 + Angenieux 3inch f/2.5
DMC-GF1 + Angenieux 3inch f/2.5

8月31日に発売されたペンタックスQ。ようやく触ってこれたので、その話。

第一印象は「小さい!」でした。センサーサイズが小さいのだから、当然かも知れませんがこれで一眼??という感じです。

カメラとしては、卒なくまとまっている印象でした。
ただ、あまり手の大きくない自分でもホールド感がいまいちで、右手でグリップを持つと、左手は添える感じになるため、しっかりと固定している感じがしません。
小さいので仕方ないですが、だったらグリップ部分は必要ないのかなと感じました。
予約購入特典で、「ペンタックスオリジナル ボトムグリップ」でも付けてもらったら、良かった気がしてきます。

画質については、データを背面液晶で確認しただけですので、何とも言えません。
正直、あの背面液晶では詳細に確認することは厳しいですね。

フランジバックはとても短いが、35ミリフィルム換算で約5.5倍と言う超望遠仕様ですので、マウントアダプタの世界ではイマイチ盛り上がりに欠けています。

ただ、Pentaxが公式で参考出展してきたKQアダプタなどは、解像度の高いレンズを装備すれば、望遠撮影を容易に出来るので、お気軽、月撮影なんかも出来そうです。

と思ってたら、早速トミーテックの中川さんがマウント作成しているようなことを書いてますね。

シネレンズあたりも活発なようで、Dマウント用のアダプタが出る予定があるらしいです。楽しみです。

個人的には、Dマウントレンズは持っていないので、CSマウント用のアダプタが早く発表されないかなと思っています。以前の記事で、ペンタックスQで使うと面白そうなマウントのフランジバックを載せましたが、以下のようなフランジバックですので、CSマウントレンズも装着可能なはずです。

マウント名 フランジバック レンズ内径 画素サイズ/コマサイズ
M4/3 17.3×13.0mm
Qマウント 9.2mm 6.2×4.6mm
Dマウント 12.29mm 15.875mm(5/8inch) 5.3×4.01mm(8mmフィルム)
CSマウント 12.5mm 25.4mm (1inch) 10.41×7.47mm(16mmフィルム)
H8RXマウント 15.305mm 25.4mm (1inch) 5.3×4.01mm(8mmフィルム)
Cマウント 17.526mm 25.4mm (1inch) 10.41×7.47mm(16mmフィルム)

個人的な予想ですが、このカメラで発売されるマウントアダプタは「公式のKマウント」、「Dマウント」、「CSマウント」ではないかと踏んでいます。Cマウントに関しては、(C-CS変換リングかませれば、すぐに使えますし)

CSマウントアダプタが出れば、2.8mmのリングをかませれば、H8RXマウントのKern MacroSwitarが利用できます。

レンズのタイプは3種類
36mm f1.4(35mm換算で198mm)
12.5mm f1.3(35mm換算で68.75mm)
5.5mm f1.6(35mm換算で30.25mm)

マウントアダプタ発売の発表が待たれます。そのころにはボディも値下がりしているでしょうから、買うかもしれません。

“Pentax Qとマウントアダプタ” への2件の返信

  1. 奥手のQマウント初心者です。かなり古い投稿記事でしたが、大変役に立ちました。私事先日、Cマウントと説明にあったKern MacroSwitarをYahoo Auctoinで3本セットで購入。Q&Aで『Cマウントなので変換リングで即使用可能』との事で入札・落札したのに商品が届いてみればCマウント変換アダプターでは使用不可。Penの購入予定をしていましたが、取りあえず安いアダプターを購入して既に使用していたα7で使用を試みたのですが、全く無限が出ない。即時、出品者に問い合わせましたが、全く音信不通で回答なし。思案の末、ネットの書き込みを彼方此方調べやっとH8RXとCマウントはフランジバックが違う事を知り、しかも16㎜用と思っていたレンズが8㎜用と知り、慌ててQ-S1の新品を模索・購入。現在アマゾンに注文したC/Q変換アダプターの到着を待っています。H8RX/Q変換アダプターは1万円近くするのでC/Qを購入して自分で2.3㎜削る事にしました。そんな矢先、私にぴったりのこの投稿を発見し、非常に感激・感謝しています。投稿に出てきた私と同じH8RXマウントのレンズも使用可能の確信が持て楽しみにしています。ありがとうございました。

    1. 田口様
      返信が遅くなってしまいました。
      参考になったということでうれしいです。
      最近では、オールドレンズというと、α7で、フルサイズのレンズを使うといった内容のネタがほとんどで、かつては栄華を極めていたマイクロフォーサーズなどのセンサーサイズが小さいものは、まったくもって話を聞かなくなってしまい寂しい限りです。PentaxQももう少し、新しいものが出てくれると嬉しいのですが、経営が厳しいペンタックスは、なかなか厳しい気がしています。

      MacroSwitarを3本セットで買われたということですでにすべて試されているとは思いますが、私の個人的な好みとしては、近接でしか撮影ができませんが、36mm F1.4をマイクロフォーサーズ機につけた絵ですね。マクロスイターのあのとろける様なボケ味がたまりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です