NOKTON 25mm F0.95を触ってきました。

Photo
DMC-G1 + CarlZeiss Jena Tevidon DDR 25mm F1.4

よくグルグルボケは良くないと言いますが、僕はこんな風に癖があるレンズのほうが好きです。今のレンズって確かに収差も良く抑えられて綺麗な写真だとは思うけど、なんだか物足りない。完全であるが故の不完全の魅力が無いではないでしょうか。

発売後に東京に行く用事があったので、展示品が見れると思って期待して展示がありそうな店を回ってみたのですが、ない、ない、ない・・・。ほとんど展示してあるところが無いんです。

やっとのことで、見つけたのは、新宿西口のヨドバシカメラのカメラ館の2F。そこ以外では見かけませんでしたね。

売れてないのかなぁとおもって店員に聞いてみたら、かなり好評で品切れしており、今予約しても年内に渡せるかどうかと言っていました。

持った感触はずっしりと重く、質感はとてもいい感じ。コシナいい仕事をしています。
特に、ピントリングが秀逸で、トルク感が最高です。コレなら、ジャストの場所でピントをとめることができそうです。

買っておけばよかったかなとちょっと後悔しました(笑)

横にE-P2がおいてあったので、それにつけて試写してみましたが、想像以上のボケみに感動です。
普段使っている、アンジェニューの25mm F1.4はクセが少ないほうだとは思っていましたが、このノクトン25mm F0.95は本当に素直なボケ味ですし、何より周辺がケラれることもありませんので、16:9から1:1までオールマイティなアスペクト比で撮影することができるのは大きいですね。

ピントも慣れれば、拡大補助を使わなくてもいける気がしてきます。実際は、開放だと剃刀のようにピントが薄いでしょうから無理でしょうけども、気合を入れれば何とかなりそうです。

標準画角が確保できるわけですから、考えようによっては、コレ一本で撮影していくことも可能だと思えました。AF使えないことに苦痛を感じない人限定ですが・・・。

今、ネットで大安売りしているパナソニックのDMC-GF1のボディだけを手に入れてコレを組み合わせて、撮影すれば、そこら辺のエントリーモデルの一眼デジよりも素敵な写真が撮れること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です