初心に戻れ

CAFE

DMC-G1 + P.ANGENIEUX 25mm F1.4

久しぶりにがっつりと写真を撮る機会に恵まれまして、2台体制で撮影に臨みました。

カメラは、パナソニックのG1とニコンのF3HP。
レンズも迷ったんですが、やはり単焦点が一番ということで、

  • DMC-G1 + P.Angenieux 25mm F1.4
  • Nikon F3HP + Nokton 58mm F1.4

で行くことにしました。

F3は久しぶりに使いましたが、やはり「ここだっ!」って言う時に写真が撮れてホントに気持ちがいいカメラです。
DMC-G1はゆったりと写真を撮る感じですが、ともすればシャッターチャンスを逃してしまいますが、F3ではそれが少ないです。

ファインダーの見え方がここまでクリアで、ピントがあってる場所がぱっと分かるので、ずっと覗いていたくなります。

そんなこんなであっという間に1本撮影してしまいました。

やっぱいいわニコン!(キムタク風)

*****
自分のカメラとの出会いは、さかのぼること10年近く前になります。


一番初めに自分のお金で買ったのは、なぜかソニーのデジカメDSC-S70。バイト先の人が安く譲ってくれるということで買いました。
周りの人たちが天体写真を撮るために軒並みFM2を買っているときに、「やっぱり時代はデジタルだよ!」と意気込んで10万以上で買った覚えがあります。でもコンデジなのに、でかいし重いしでも光学3倍ズームあって、300万画素あって、カールツァイスのバリオゾナーを使っていた、初心者にとっては明らかにオーバースペックなコンデジでした。(当時は、カールツァイスってなに??って感じでしたが)

奮発して買ったはいいけど、メモリの容量は64MBしかないし、長時間露出のノイズがひどいしで、天体写真にはまったく使えず、結構へこんだ覚えがあります。

その後、「やっぱりカメラと言ったらニコンだよね」ってことで、coolpix 995を買い、コレは結構、惑星や月などの撮影に重宝した覚えがあります。
でも相変わらずデジタルカメラの長時間露出は、30秒がいいところで、天体写真であの星がビューって弧を描くあの写真が撮りたーいってことになって、
フィルムカメラがほしくなるんだけど、どれ買っていいかわからない。

当時のサークルの仲間は軒並み、電池が無くなったり、寒冷地で撮影するなら断然FMがFM2だとか薦めるんですけど、正直、天体写真だけで使うわけじゃないし、普段からフルマニュアルなんて面倒でやってられないだろうなぁって思って、F-601とかF-801とか持ってる人がいて見せてもらったんだけど、どうも燃えないんですよね、あのデザインに。それと、あのオートのウイーンっていう音があまり好きじゃなかった。

そんなこんなで、ほしいんだけど、何を買っていいかって言うのがぜんぜん分からなく、結局買えずじまいだったんだけど、あるときF3が研究室にほとんど使っていない状態で置いてあることが分かり、それをフィルム一本分使わせてもらったわけ。

そしたらもう眼鏡かけててもファインダー覗きやすいし、ピント合わせやすいし、絞り優先オート付いてるし、デザインもかっこいいしで、もうほとんど一目惚れ。

もうコレしかないって思った。

それからは、相当探したんだけど、当時はまだフィルムカメラは高くて、結構奮発することになっちゃったんだけど、とりあえず、無事に今のF3HPが我が家に来たというわけです。

そんなこんなで、とっても思い入れのあるカメラなので、一生大事にしたいと思っているわけですが、最近は、フィルムを使うことが少なくなり、出番が少なくなりつつありますが、こんなのではだめだと再認識した一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です