ニコンアウトレットに行ってみた

御殿場プレミアムアウトレットには、Nikonのショップがあります。

先日、アウトレットへ買い物に行ったときに、愛機のF3も連れて行きました。もちろん少し前に買ったAi 50mm F1.2Sを付けて。
平日だったこともあり店には客が少なく、アウトレットに来たついでに寄ったという感じの方がほとんどでした。
新しいD5000も展示してあったので触りましたが、液晶が稼動するのはいいですね。ローアングルやハイアングルやウェストレベルでの撮影時に非常に重宝します。ただ、液晶が下側で固定してあるので、回転しにくいというか、ローアングルから見上げるような構図を撮りたいときに非常に画面が見にくいです。(一応断っておきますが、別にスカートの中を撮りたいとかそんなんじゃないですよ!花畑で見上げる構図で背景を青い空にしたいのです)PanasonicのDMC-G1のように横で固定してあって、ビデオカメラみたいに横にも出せるようにしたほうがよかったのではないかと思いました。

D700も触りましたが、最近コンパクトなG1に慣れきってしまっているせいか、非常に重く感じました。もちろん、レスポンスや作りに関しては文句の付け所が無いですけどね。

ただ、そこにいた店員さんともお話をしましたが、デジタルカメラって所有欲が満たされないのですよ。
物としての価値がすごい勢いで下落していき、一年後には新しいカメラが発表される。色々新しい機能は追加されているが、結局前面に出しているのは、画像処理エンジンのバージョンアップと画素数の増加。これじゃあ所有欲が満たされるわけも無く、相変わらずD70で十分だなぁと思ってしまうわけですよ。
さすがにD70は液晶小さいし、高感度でのノイズが多いから、新しく買い換えたいけど値段がもう少し安ければ考えますが今はいいです。D90やD300・D700の後継機が出たら、それらの機種でお買い得感のあるのでも買おうかなと。

私は、一眼レフの機構というかフォルムというものはフィルム時代に既にもう完成されたと思っています。デジタル一眼が主流となった今でも、ミラーボックスとプリズムを使用した機構は、Fの時代から変更は無く、使い勝手や性能が進化した部分はありますが、今後は撮像素子や処理エンジン・露出補正・予測CPUなど、デジタル的な部分の進化しか残されていないわけで、のりしろはもう余り残されていないと考えられます。そういった意味では、オリンパスやパナソニックが進もうとしているアナログからデジタルへのシフト、つまりカメラからのプリズムやミラーボックスの排除(マイクロフォーサーズ)というのは、ある意味必然的な進化なのかもしれません。

たぶん今後とも各社より新しいデジタル一眼は出続けるのでしょうが、自身の中で機械的に完成されていると思っているF3を超える所有欲を満たしてくれるカメラが新しく発売されることは無いと思います。

1980年に発売されたF3。来年でそれから30年が経つわけです。奇しくもその30年の節目でメーカーでの部品交換を伴ったオーバーホールが終わりとなり、今後は部品が無くなったら交換修理ができなくなります。

30年というちょうどいい節目なので、ニコンさんでF3を限定で復刻してくれないかなぁなんて思うわけです。もちろんハイアイポイントで。
金額的にはF6くらいの値段までなら出してもいいかなと思いますね。もっと安ければ最高だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です