auのISW11MをSIMロック解除してみた

久しぶりの更新ですが、今回はカメラネタではなく、携帯ネタで。

携帯電話業界ですが、年度末には毎年顧客獲得合戦が盛んですが、今年はかなりヒートアップしており、各社契約増のために無茶苦茶な施策にでてました。(一部は現在も進行中です)

特にauのMNP顧客獲得のための顧客への還元がすごく(正確には代理店へのインセンティブですが)、端末代が一括0円なのにキャッシュバックが4万円とかはざらで、多いところだと7万円とか還元しているところもあったというそれって大丈夫なの?って心配になるようなことをやってました。

自分もソフトバンクの回線があったので、そんなおいしい話に乗らないわけにはいかないと、MNPしてきた訳ですが、興味はあれど、アンドロイド端末に関しては全くよく分からないし、そもそもフェリカとかワンセグなんて使わないので何でもいいわけだし、とりあえずキャッシュバックが多いやつを選択するという一番無能な人間がやりそうなことをしたわけですが、結果として面白い端末を持ち帰ってくることになりました。

買ってきた端末は、ISW11M PHOTONという端末でMotorola(モトローラ)の端末で、端末情報がauの場合はSIMカードが入っていない端末です。変わりに内蔵されたROMに端末の情報を入れているようです。

しかしこの端末色々とネットを調べていると、裏蓋外すとSIMカードを挿すスロットがあるということが分かり、SIMロックを解除すると、違うキャリアのSIMカードが使えるようになるということでした。いわゆるSIMフリー端末になる。

しかも意外と簡単であることが分かり、海外サイトに自分の端末のIMEI番号を入力して、Paypalかクレジットカードで支払い(5.99ユーロ)するだけでものの数十分で解除できると言うことでしたので、特に解除する理由も無いんですが、そんな簡単なら自分もやってみようということでチャレンジして見ることにしました。



※お約束ですが、やる方は自己責任でお願いします。普通に使えなくなった・パケ死したなどの状況が発生しても当方は責任持てません



必要なもの
・ISW11M
・DocomoかSoftbankのSIMカード
・PayPalアカウントもしくはクレジットカード




自分は、こちらのサイト(http://sim-unlock.net)で解除しました。
ISW11Mは海外では、PHOTON 4Gというみたいです。

「UNLOCK Motorola Photon 4g」をクリック
  ※以降、クリックした画像は右下の「×」で閉じることができます



次のページでは、今回解除する端末はアメリカの端末ではないので、「Unlock for any Motorola」を選択します。なお金額は、5.99ユーロです。(前は4.99ユーロだったようですが値上がりしたみたいです)

次のページでは、携帯端末情報の入力を行います。形態のモデルに関しては、すでに「Photon 4G」が選択済みかと思いますので、そのままで問題ないですが、「Enter IMEI number」のところに自分の端末のIMEI番号を入力してください。
この番号は、携帯で、「設定」-「端末情報」-「端末の状態」-「IMEI」の項目で確認できます。もちろん携帯の電池を外したところにもありますし、もともと端末が入っていた箱にもありますので、そちらで確認しても問題ないです。15ケタを入力し「Order code」をクリックします。

次のページでは、先ほど入力した番号が出ていますので、それを確認して、「Persona Information」の項目に名前とメールアドレス、電話番号を入力します。ここで入力するメールアドレス宛に解除用のコードが送られてきますので、携帯アドレスなどのブロックされそうなアドレスはおススメできません。パソコンメールなどを使用してください。最後に「Accept terms and conditions rules」にチェックを入れて(ちゃんと呼んでくださいね 笑)「Make Order」を押してください。

この状態では、まだ支払いを終えていませんので、次の画面で、PayPalもしくはクレジットカードでの支払いをしてください。ここに関しては他のショッピングサイトとあまり変わりませんので、割愛します。(自分はPayPalを使用して支払いました)

支払いが完了するとオーダーを受領した旨のページに変わりますので、受付けたメールが先ほどのメールアドレス宛に送られます。

送られてきたメールには、状況を確認できるURLが記載されていますので、そちらにアクセスすると支払いが完了している状態の画面が確認できるはずです。

この状態で、10分くらい待っていると、解除コードがメールで送られてきます。ここまでくれば後は日本語しかありませんので、安心ですね。

送られてきたコードは、通常の状態では入力できません。そこで、SIMカードが必要になってきます。

携帯の電源をいったん落として、裏蓋を外し電池も外してください。電池ボックスの上にSIMカードスロットがありますので、そこに用意したSIMカードを挿してください。
自分は別の端末から外したSIMカードを一時的に借用しました。

photonのSIMカードスロットにカードを挿します。

完全に差し込んだら電池を元に戻して電源を入れてください。

そうするといつものようにモトローラの起動画面からauの起動画面に遷移して、そこで、コードを入力する画面となります。

ここで、先ほど手に入れたコードを入力すれば、SIMロック解除完了です!

ただし、このままでは回線に繋がらない設定になっていますので、ISW11M側の設定を変更してあげる必要があります。

「設定」-「無線とネットワークの設定」-「モバイルネットワーク設定」-「ローミングモード」を「KDDIのみ」から「すべてのGSM/UMTS」に変更。
「設定」-「無線とネットワークの設定」-「モバイルネットワーク設定」-「ネットワークの選択」を「自動設定」から「UMTSのみパフォーマンスを向上」に変更。

これで、挿したSIMカードの携帯網には繋がります。通話は問題なく出来ます。ロック画面で差し込んだSIMのキャリアが認識されていれば成功です。

以下のような警告メッセージが出ますが、自分は特に問題ありませんでした。

データ通信を行うためには、configファイルの書き換えなどroot権限が必要になってくるようですが、自分は、購入当初にいきなりバージョンアップが来たので、何も考えずにアップデートしてしまったためroot権限が奪取できず、そこまで出来ていません。ただ自分はとりあえず音声だけで問題ないので、これでしばらく使ってみるつもりです。

ちなみにauの契約がそのまま残っている状態でも上記の手順は行えますが、同時に通信は出来ないようです。あくまで片側どちらかだけを使うことになるので、auが使いたい場合は、上で変えた設定を元に戻してください。

自分は、かなり簡単に感じました。少しの勇気と少しのお金で出来る作業ですので、もっている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに下のamazonのリンク先にあるケースと液晶保護シートを自分は買いましたが、結構いい感じで重宝しています。特にケースがグリップ感もよく半透明なので、デザインが損なわれないのが良いですね。

   

3 Replies to “auのISW11MをSIMロック解除してみた”

  1. 有益な情報有難うございました!もしわかれば教えていただきたいのですが、中国と日本でPHONTOを使用したいと考えているのですが、挿入するSIMカードが中国の通信会社の場合予想されることなどがあれば教えて頂けませんでしょうか。なんとなくで構いませんのでよろしくお願いいたします。

    1. >ちさん
      こんにちは。自分は海外のSIMカードを使ったことは無いのであまり詳しくないです。通話に関していえば、photon自体がGSM 850/900/1800/1900に対応しているので、記事にしたように他のSIMが使えるような設定に変更してあれば、出来るはずです。ただしSMSやMMSを含むデータ通信については、設定をして出来るようになるかはよく分かりません。

      たとえば、ソフトバンクの黒SIMカードだとデータ通信するために設定ファイルの書き換えをする必要があり、そこらへんはroot化しないと無理みたいなので、今回のSIMロック解除だけで対応するのは厳しいかもしれません。
      あまりお役に立てず申し訳ないです。

  2. 早速の返信有難うございました!データ通信が出来るかどうか、やってみないとわからないかもしれませんね。勉強になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です