tp-linkのTL-R600VPNを買う。

最近、やたらとネットワークに興味があるのですが、CiscoのVPNルータは、全然勉強できていなくて、半分挫折気味なので、積みルーター化していたtp-linkのTL-R600VPNに家のルーターを入れ替えて、VPNの接続を試みてみることにする。

tp-linkっていうメーカーは、自分も知らなかったのですが、中国のメーカーで、いろいろとネットワーク機器を出しているようです。
そもそも何で知ったかっていう話は、無線LANルータが安くてそこそこの性能だっていうのをアマゾンで見つけたから。

中華製のものなんて危なくて買えないわ~って最初は思っており、メーカーサイトを見ているとなんだかどっかで見たことあるようなこんな製品があって、ますます怪しいのですが、GPLコードを公開していたり、NewYork Timesでベストに選ばれていたりしたので、まぁ大丈夫かなぁってことで、まず、無線LANルータのArcher C7を購入。結構電波の飛びには満足しています。

そして、このメーカーがVPNルータも出しているってことを知り「欲しい!」ってことになり半ば衝動で買ったものが、このTL-R600VPNです。

購入理由として、以下の3つが決め手ですね。

  1. 安い
  2. IPSec/VPNに対応
  3. 全ポートギガビットに対応

1の「安い」については、実売で9000円程度。VPNルータなのに安すぎでしょ。って心配になる。
でも、1万円しないのであれば、失敗してもいいかなって思えるレベル。

2の「IPSec/VPNに対応」は、安いものだとL2TPとかには対応しているけど、IPSecに対応しているものだとバッファローのVR-S1000も対応しているのですが、それでも16000円くらいしてしまいますが、前述のように1万切る値段でこの機能を実装しているってところに正直、驚きを感じた。

3の「全ポートギガビットに対応」は、どうしてもVPN対応となるとエンタープライズ向けの製品が多く、安いものだとギガビットに対応していないものが多いので、ギガビットに対応しているのは、うれしいです。

ということで、見た瞬間に物欲MAXとなったわけですが、前評判を調べようとしてみたのだけど、日本語での情報がほとんどない…。

てか、個人レベルでVPNのニーズってほとんどないのかな?

別にVPNで自宅につなぐ必要ないし・・・っていう人がほとんどだとは思いますが、最近では、結構外にフリーのWiFiスポットなどがありますが、そういったスポットに接続するとき、通信情報を抜かれていそうで、自分は、正直怖いんですよね。

そういった場合に、VPN接続をすることで、通信パケットをカプセル化することができ、通信の秘匿性を確保することができるので、ぜひおすすめなんですけどね。

日本語の情報がない、それだったら、自分が人柱になればいいやってことで買ったのも購入理由の一つでしょうか。

ということで、次回以降は、設定とかいろいろを記事にしたいと思います。

→記事書きました。初期設定編


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です