四角から三角へ

オリオン大星雲
Nikon D700 + Tomytec BORG100ED-F4PH (400mm F4.0)

最近は、すっかりオールドレンズ一色のせいか、めっきり出番のなかった天体望遠鏡。

クローゼットの中で静かに遣われるのを待っている健気なやつらだけど、
それでもレンズがカビたり電池が液漏れしたりするのが怖いので、半年に一遍くらいは押入れの衣装ケースから取り出して、中に入れてる乾燥剤の交換はやってたけど、ここ2年ほど全くと言っていいほど使っていなかった。

ちょっと可哀想・・・。

この間の新月のとき、ちょうど仕事の休みで天気の条件が良さそうだったので、ものすごい久しぶりに望遠鏡を持って、清里まで行ってきた。

ほんとに久しぶりだったので、設置の記憶がかなり怪しげ。極軸のあわせも微妙で、400mmのノータッチガイドで1分が限度でした。しっかりしろよ自分。

でも、久しぶりにセットした望遠鏡のモータードライブはしっかりと動いてくれたし、自分の写真の原点に戻ってきたみたいで、また撮影がんばろうかなと言う気分になった。本格的な冬が到来する前に何度か撮影に行きたいと思う。

夜半を越えたあたりで、空はもうペガスス座から冬の第三角形に移動していた。

もう冬だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です