サムスンのミラーレス一眼が韓国で先行発売

前々から話が上がっていた、サムスンのAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したミラーレス一眼「NX10」が、23日に韓国で先行発売していたようです。

標準ズーム付きのもので、90万ウォンぐらいと言うことで、単純にレート換算して日本円で、7万円くらい。
まだ、日本国内での情報が出てきていませんが、当然ミラーレスなので、フランジバックは短いはずです。
ということは、アダプタさえ発売されれば、マイクロフォーサーズ機と同様、レンズ交換し放題となるわけです。

しかも、撮像素子のサイズがAPS-Cなので、マイクロフォーサーズのように35ミリ換算で、1.5倍程度になり、35ミリカメラのレンズを付けるにはかなり有利となります。

性能の部分については一般的な印象ですが、使い勝手はスペック表では評価できない部分なので気になります。
特に、マウントアダプタを使用した時のフォーカシングのしやすさの部分についてはかなり重要です。

マウントアダプタ使い放題のマイクロフォーサーズ機が成功しているのを、確実に意識したミラーレス+APS-Cと言う仕様ですが、私個人の意見としては、中途半端感が否めません。

オールドレンズやレンジファインダーのレンズを使われることを狙って作るのであれば、フルサイズの撮像素子を使えば勢力分布が一気に変わったのでは?と思ってしまいます。ライカのM8やM8.2の盛り上がりとM9のそれの違いを見れば明らかですが。

しかし、今までレンジファインダー用レンズをデジタルで使うとすると、APS-Cサイズであればライカ以外では、エプソンのR-D1/R-D2を使うか、マウントアダプタを介してマイクロフォーサーズ機を使うしか選択肢がありませんでした。そこに実売7万そこそこのデジカメでAPS-Cサイズの撮像素子を搭載していてレンジファインダー用のレンズが使えるとなれば、それなりには需要があると思われます。

とりあえず、ほとんどの方がサムスンというメーカーに対して期待しているのではなく、上記のようなマウントアダプタ利用を期待しているのではないかと思われます。

そこら辺の思惑も、マウントアダプタがどれだけ発売されるかと言う部分にかかってくると行っても過言ではありません。
売れ行きが良くなかったら、サムスンで各種マウントアダプタを出しまくるという強行に出たりして。

私の場合はと言えば、Cマウントレンズと言う自身にとって最高のパートナーを見つけてしまったので、イメージサークルの小さいCマウントレンズには、APS-Cサイズの撮像素子は全く必要ありません。と言うことで見送りですね。

正直、FマウントとCマウントで手一杯なのに、MマウントやらLマウントやらのレンズを増やしたら破産してしまいます(笑)
撮像素子がフルサイズだったらかっても良いかなとちょっと考えたんですけど、その場合はD700が視野に入ってくるので、そうすると結局は、今までのレンズ資産が使えるD700に行くと思います。

watch impress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です