Pentax QでKern MACRO-SWITAR 1:1.3 F=12.5mm H8 RXを試写

とりあえずkiponのマウントアダプタを削ってみたものの、Rayqualからまさかのマウントアダプタ発売が決定したという話でしたが、自分でここまでやっておいて、完成まで持っていかないと言うのは、それはそれで中途半端でよろしくありません。

ということで、12.5mmのケルン マクロスイターにピントが合うようにマウントアダプタを調整し、撮影してみることにしました。

作例というか描写を具合を見てもらうためのものなので、あまり写真が上手いとはいえませんが。(まぁそれは元からでしょうが)

実際にPentax Qで撮影してみると、jpegでの撮って出しとRAW現像では全く違います。JPEGだとホワイトバランスが若干おかしい感じがします。基本的にはPentax QではRAW撮影を行ったほうが良い気がします。

それでは、3つほどF値を変えた写真を掲載します。 続きを読む

Pentax Qに最適な小型三脚

Pentax Q + Kern MACRO-SWITAR 1:1,3 f=12,5mm H8 RX

Pentax Q + Kern MACRO-SWITAR 1:1,3 f=12,5mm H8 RX JPEGノートリミング

外に出かけていると、いつどんな被写体に出会うかなんて分からないわけで、そのためにいつでも撮れる様にカメラを持っている人は結構多いと思います。

で、カメラを外に持ち出して、自分の場合は、夜景や星空を撮りたくなったりするってことは結構あります。あるいは、ふと自分撮りをしたくなったりする人もいるかもしれません。

とは言ってもそういった撮影をしたい場合に、当然のように必ず必要になってくるのが三脚ですが、ほとんどの人が三脚を常に持ち歩いているわけがありません。

だってかなりかさばるし重いしそもそも使うかどうかも分からないわけだし。

ということで、巷では小型三脚と呼ばれる 続きを読む

ついに!Pentax Q用H8 RXマウントアダプタが発売決定!

Pentax Q + Kern MACRO-SWITAR 1:1.3 F=12.5mm H8 RX

Pentax Q + Kern MACRO-SWITAR 1:1.3 F=12.5mm H8 RX

ペンタックスQが発売されてからというものDマウントレンズがにわかに活気付いていますが、自分としては、CSマウントのアダプタを待ち望んでいました。

それは別に防犯カメラ用のレンズが使いたいからと言うわけではなく、ひとえにCマウントと同じスクリューマウントであるにもかかわらず、フランジバックが2.2mmほど短いうえに、16mmではなく8mmで、レンズが3本しかないために、まさに不遇の待遇であった、ボレックスのH8 RX用のレンズを使うためのベースマウントアダプタとして使いたかったというのが理由です。

このH8 RX用のレンズは3本しかありませんが、その3本はMacro-Switar。

36mm f1.4(35mm換算で198mm)
12.5mm f1.3(35mm換算で68.75mm)
5.5mm f1.6(35mm換算で30.25mm)

この3本が使いたくて 続きを読む