今更ながらNikon Z 6を買った話

先日、惜しまれながら、閉店となった御殿場のニコンアウトレットだが、個人的にも有終の美を飾るため(?)Z 6を買った。

もう、閉店間際というタイミングで店に行ったので、すでにアウトレット機は無く、新品のみが置いてあったのだが、Nikon Directの販売価格から15%オフになり、三菱地所カードを使って請求時に5%オフ、さらにキャッシュバックキャンペーンもやっていたため、19.25%オフ+キャッシュバックという大盤振る舞いだった。Zマウントのレンズは今の段階で欲しいものがなかったので、自分は、既存レンズを使うため、FTZとのセットのものを買った、実質22万円位だっただろうか。

実際、価格.comあたりで買ったほうが単純に金額面で考えると安いのだが、ニコンダイレクトで購入すると保証期間が3年間に延長されるので、その分を考えると少しくらい高くても元が取れると考えている。

フランジバックも16mmと非常に短く、マウント口径もデカいので、レンズ干渉は皆無。Nikon 1の時みたいなマニュアルモードでしか社外レンズでシャッター切れないという意地悪もなく、拡大ピント合わせもできるので、オールドレンズにも非常に相性が良い。デメリットとしては、XQDカードが高すぎる。ちょっと予備メディア買っておこうとは思えない金額なのが残念。まぁ、都度データを移動していれば、問題になることはないと思うので、良しとすることにしている。

これで、いよいよ現行レンズもオールドレンズもz 6だけを使えばよくなり、カメラシステムが非常にスマートになった。旅行に行くときの荷物が減りそうで嬉しい。でも、結局マイクロフォーサーズ機は持っていくので、2台にはなるのだが…。

と言うことで、早速、マウントアダプタも買い、これからは、z 6で生きていくことにしました。

結果、購入資金を補うため、Nikon D750とSonyα7はさよならすることにしました。今までありがとう。

これから、いろんなところに写真を撮りに行くのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です