オールドレンズ・ライフ2019-2020で取り上げてもらいました

例年この時期に発売されているオールドレンズネタを濃縮したムック本であるオールドレンズ・ライフの最新刊「オールドレンズ・ライフ2019-2020」が2019年9月30日に発売となります。

オールドレンズユーザにはバイブル的なムック本となっている一冊で、毎回新しいネタを投入してくれて、話題に事欠かないですが、今回のネタはオールドズームということで今まで、ほとんどの人が目もくれなかったであろう、オールドレンズのズームレンズの特集ということで楽しみです。また、 オールドレンズ・ライフは、今回で9冊目となり、次で大台の10冊目に突入。次回は何をテーマにしてくるのかが、まだ9冊目を読んでいない今から、期待させられてしまいます。

実は、私のCマウントレンズ偏愛っぷりを評価(?)していただいたのか、

今回のオールドレンズ・ライフで取り上げていただき、恐れ多くも紙面に掲載させてもらうことになりました。ご興味のある方は、読んでいただければ幸いです。絶賛、予約受付中になります。

一時はものすごい人気でしたが今は落ち着き気味のCマウントのレンズですが、10年近く前は、Cマウントレンズを付けられるカメラもなく、コンデジを改造して無理やりつけていたのだが、ISO感度が低くてブレブレの写真しか撮れないし、適正露出もほとんど出ないし、カラーバランスおかしいし、背面液晶の画素数が低くてピントが合わないし、画角は超望遠になってしまうわと結構無茶苦茶だった。

今考えると、どうしてそんなことまでして、写真を撮ろうを思ったのか、その時の心情も動機も思い出せないが、確かほんとにごくわずかな人がサイトでコンデジを改造して、別のレンズを取り付けるといったことができると言うことを見て、自分も人が試したことがないことを試行錯誤しながらやりたいって思ったと言うのはある気がしている。あと、写真を撮っても前述のようにほんとにクソで、歩留まりの悪いカメラなんだけど、本当にごくたまに、会心に一撃みたいな写真が撮れるロシアンルーレット感があって、そこに魅力を感じていたのかもしれない。(ヒット率1000枚に1枚くらいだけど…)

今はマウントアダプタも簡単に手に入るし、フルサイズの高性能なミラーレス機も簡単に手に入るようになっているわけで、フルサイズのセンサーサイズをカバーできないCマウントレンズは、割と下火というか自分の周りのオールドレンズユーザで使っている人がほとんどいなくなってしまいました。なんだかちょっと寂しいような気持ちもするが、逆に意地でもCマウントレンズで頑張っていこうというやる気が出てくるあたり、なんだかんだ言って天邪鬼なんでしょうね、自分。

ということで、これからもCマウントレンズは使い続けていこうと思っています。

2 Replies to “オールドレンズ・ライフ2019-2020で取り上げてもらいました”

  1. オールドレンズ・ライフに取り上げられること、おめでとうございます!さすがです!!発売日を楽しみにしています^_^

    1. Kuniさん ありがとうございます!オールドレンズパラダイスで長年レンズ(徳)を積んできた甲斐がありました(笑)お時間があれば手に取っていただければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です