自分の好きな描写を探求できる!完全保存版の「オールドレンズ・ベストセレクション」発売

2018年2月19日発売のオールドレンズ・ベストセレクションを澤村徹さんより献本いただいたので、久しぶりに気合を入れて、ブログを書いて書籍を紹介したいと思います。

今まで発売したオールドレンズ・ライフをベースにしているということで、368ページの大ボリューム。筆者のオールドレンズヒストリーがまとめられた一冊で、集大成にふさわしい厚みです。試しにノギスで計ったら、23.97mm、ボリューム満点、軽く鈍器ですね。

上記の通り、決して持ち運びには向かないサイズですが、掲載内容としては充実しており、172本ものレンズを紹介されています。オールドレンズの入門から、足を突っ込んで引き返せなくなる沼の中までの一連のレンズ達の描写を案内してくれるガイドブックとしては非常に適したものです。さしずめ「レンズの歩き方」といったところでしょうか。

本書を読んで感じたこと

今回の書籍を読んで、最も斬新だと思ったことは、マウントアダプタについて全く触れられていないということです。

デジタルカメラでオールドレンズを使うという話が出てきた当初は、フランジバックとセンサーサイズの兼ね合いで、かなり限られたカメラとマウントからチョイスせざるを得ないことが当たり前で、むしろ使えない組み合わせのほうが多かったため、組み合わせに非常に苦労するような時代でした。

しかし、パナソニックのG1発売によりフランジバックの短いレフレックスカメラでは使えなかったレンズがM4/3で使えるようになったことで、今まで脚光を浴びることのなかった様々なレンズが日の目を見ることなりました。

その後、オリンパス、富士フィルムといったミラーレスでもマウントアダプタの充実により、オールドレンズ用ボディの群雄割拠時代に突入したわけですが、ソニーのα7が発売されてからは「フルサイズ+短いフランジバック」ということで、αマウント用のマウントアダプタが一気に発売され、覇権争いに終止符が打たれた形となります。現在はα7一択のデファクトスタンダード時代に突入し、アダプタがなくてレンズが付かないだとか、フランジが足りなくてレンズが付かないといった問題がほとんど解消してしまったため、昔のように組み合わせで苦労することも少なくなりました。

本書はそのあたりの時代背景を非常に表しているように感じました。

つまり、オールドレンズを使うにあたり、デジタルカメラボディを選びそのボディで使える限られたレンズの中から自分が好きなレンズを探すということから、純粋に自分が好きな描写をするレンズを選ぶということへのパラダイムシフトを表している本です。

純粋にレンズ描写の好き好みで、レンズが選べるようになった今の時代は本当に幸せな時代だなぁと感じます。

その一方で、マウントアダプタの情報がなくて困るという方もいるかとは思いますが、そこについては心配無用、著者の「マウントアダプター解体新書」に十分なマウントアダプタ情報が大量に投下されていますので、そちらを買えば解決します。

そちらを買ってねと営業的な意味もあるのかとは思いますが、個人的には、レンズはレンズ、マウントアダプタはマウントアダプタという風にきれいに分けてまとめてあるため、保存用の書籍としては、非常に好感が持てました。

書籍の構成について

書籍の構成としては、

  1. 一眼レフ用レンズ
  2. レンジファインダー用レンズ
  3. シネレンズ
  4. 改造レンズ

の大きく4つの構成になっており、各レンズマウントごとで分けられている構成となっています。

高いレンズから安いレンズまで、メジャーどころは殆ど抑えているチョイスです。
その中で、意外だったのが、シネレンズに結構なページ数が割かれていたことです。

私は、やはりメインで使いたいオールドレンズは、シネレンズで、それもアンジェニューのレンズです。
オールドレンズを使うということは、趣味性の高いことですから、人に何と言われようと自分が好きなレンズが使いたいというモットーが自分にはあります。

しかしながら、最近ではシネレンズも随分と下火になり、今やシネレンズを使っている人というのは、絶滅危惧種に近い中、一時代を築いたレンズに対しても万遍なく取り上げられているというのは、個人的にはうれしい構成でした。

ページ構成についても左側のページは1ページ丸々写真となっており、レンズの描写の特徴をできる限り伝えようという意図を感じる構成となっています。レンズの外観や金額の相場などレンズ選びの参考になる内容も記載されています。

まとめ

オールドレンズで撮影するということは、現行レンズで撮ることよりも趣味性の高いことですから、個人的には、自分が好きだと思ったレンズで自分の撮りたいように撮ればいいと思っています。

本書のページをめくりながら、自分の気に入ったレンズの描写を探していくことで、値段や周りの人の評価は関係なく、今後の自分の相棒となるレンズが見つかるかもしれません。ちなみに私は、本書を読んでまた欲しいレンズが増えました。

毎年恒例、ニコンダイレクトの福袋の中身を考察 -2018年版-

もはやこのためにブログ継続させているんじゃないかという使命感で書いているネタ。

毎年、そこそこニコンの福袋についてのアクセスがあり、今年も先日発表されたので、私なりに中身を考察してみようかと思う。

・・・と思ったら、去年からもはや隠す気すらなくしたニコンさん。
しかも200万の福袋辞めちゃってるし。ああ言うのは景気良い人が買っていくから、残しておけばいいのに。

今年のURLはこちらになっています。

去年は、こんな感じでした。

一応それぞれの内容を予想してみましょうか。
続きを読む

ドコモのiPhoneをオンラインでSIMロック解除する(2017年02月版)

先日、ドコモで購入したiPhoneSEが、購入後6か月経過したため、MyDocomo(オンライン)でSIMロック解除を行ったため、その際の手順を備忘録的にも残しておく。
(ちょくちょく画面が変わりますので、今回のは、2017年2月の時点での画面になります。)

各社現在発売しているスマホやiPhoneについては、新しいものであれば、SIMロック解除に応じていますが、ショップに持ち込みでやってもらうと手数料3240円も取られるとかホントにアホらしいことになっているので、当然ながら、オンラインで、SIMロック解除を行うことになるのですが、とにかくサイトが分かりにくい。

意図的に分かりにくくしているのではないかと、疑いたくなるレベルで分かりにくい。

そもそも、キャリアの都合でSIMロックをかけているのを、解除するだけなわけだから、窓口での手続きだからといって手数料を取るってどうなのよ?っていうのがありますが、キャリア様は絶対ですから、今後も変わることもないでしょう。ですので、オンラインでやらないと手数料を取られるということであるのなら、意地でもオンラインで頑張る。っていうのが、今回の趣旨。

作業前の注意点として、WiFiの使える環境下で行ってください。MVNOなど別途APN設定が必要なSIMを使いたい場合は、iPhoneのアクティベートできず、SIMロック解除を行えません。
実際には、アクティベートできますが、初期化しなければいけなかったりと面倒なので、別のSIMを使う想定でいます。

まずは何はともあれ、My Docomoにアクセス
続きを読む

tp-linkのTL-R600VPNをレビュー

ここまで、一通り、tp-linkのTL-R600VPNを設定をしてきて、使ってみた感想としては、非常によくできたルータというのが正直な感想。

まだ、すべての機能を使い切ったわけではないですが、メニューは英語にもかかわらず、非常に直感的に分かりやすいのであまり迷うこともないかと思います。
特に画面の右側へ説明書きがあり、設定例などが載っているのは非常に分かりやすくてよい感じです。

一方、世の中のセキュリティへの意識の高まりの流れから、iPhoneがPPTPへの対応をやめるなど、VPNの規格が古くなってしまっているという点も事実。
ぜひともtp-linkには、L2TP/IPsecへの対応をお願いしたいところ。

また、1台の金額が9000円を切るなど、非常に安価なVPNルータであるため、2台買うことも金銭的にさほど負担ではなく、容易に2拠点間VPNを構築できるのも魅力。
2台用意しても2万円行かないというのは驚異といってもいいかと思う。

ルーターなど、ネットワーク製品は、「つながって当たり前」「普段は意識しない」といった性質のものなので、なかなかベンチマーク以外に性能部分を比較することというのは少ないが、この製品については、「設定が簡単にできる」ということと「通信が安定している」という点は、価格と相まって非常に魅力的な製品かと思う。

ただし、最近ちょくちょく、ブラウザから管理画面に入れないという事象が発生しており、都度再起動が必要になるのであるのだが、拠点間VPNを使用している場合は、遠方のルータを気軽に再起動×といったことはできないため、結構致命的なので、何とかしてほしい。

一応、最後に断っておきますが、別にメーカーからお金とか物品とかもらってないですからね(笑

NECもbuffaloも今まで何機種も使ってきた感想として家庭用のルータとして使う分には、何の不満もなく使えますが、外部からの接続といったクラウド的な使い方をしたいとなると、途端に選択できる機器が狭まってしまいます。

また、VPN用途を考慮すると業務用のシスコなどのメーカー製のルータが選択肢となってきてしまいますが、UPnPが必要なオンラインゲームをやる場合など、不都合が発生することもあります。

その点、この値段で買えるルータで、家庭用のルータにプラスアルファでVPNが使えるというのは、非常に魅力的な製品だと感じます。

そろそろ、新しいルータに変えてみようかなと思っている今日この頃。次はちゃんとシスコのルータを何とかするかな。

  

tp-linkのTL-R600VPNを設定する。VPN設定編(PPTP)大誤算

tp-linkのTL-R600VPN。いよいよVPNの設定を行います。

前回の続きで、このシリーズも4回目。ってか数日前から一気に書いているだけですけど。

この手のネタは、自分的に一気に書かないとモチベが下がって放置してしまうので、このくらいがちょうどいいのです。

このルータを買った当初の目的っていうのが、外部から、家の中にあるNASに対して、Magic Packet投げつけて、起動させて、中のファイルを閲覧して、sshでshutdownするってことでした。
私が、メインで使用しているのはiPhoneで、そこから、アクセスしたい。ということです。
別に、2台買って2拠点間をVPNで接続したいといったことは、予定していませんでした。

で、ネットワークって切り替えるのが面倒じゃないですか~??とか言って積みルータにしている間に予想外の出来事がおきました。
iOS9までは、PPTPに対応していたのですが、iOS10以降では、セキュリティの観点からサポートされなくなってしまいました。

この機器はIPsec/VPNに対応しており、PPTPに対応していますが、L2TP/IPsecに対応しておらず、メーカーサポートに問い合わせたところ、今後も対応する予定はないという話でしたので、この機種に対して、iPhoneからVPN接続するのは、非常に厳しい状況かと思います。

tp-linkには、ぜひとも対応してもらいたいところ。熱望します。

とはいっても、手元にあるわけですし、せっかくなので、設定してみることにします。Androidからなら繋がるし。
べ、別に悔しくなんてないんだから!

・・・気を取り直して、それではさっそく設定をしていきます。

続きを読む