マイクロフォーサーズのマウントアダプタまとめ (改正版)

どうもアクセス解析をすると、「マイクロフォーサーズ」「マウントアダプタ」をキーワードに訪れてくれる方が多いようである。うれしいことだ。

以前に記事で、M4/3のマウントアダプタについて書いたが、それから1年以上もたち、少し状況も変わったため、改めてまとめてみたいと思う。

ちなみにここでは、microfourthirdsに特化した上で、さらにアダプターひとつで接続できるもののみを紹介しています。同一のアダプタが複数のメーカーから出ていますので、個人的な比較も載せてあります。

NEXが出た今では、フルサイズに対応したレンズを使っているユーザはそっちに移行してしまったのかもしれませんが、まだマイクロフォーサーズもいけるはず。特にCマウントやPentaxAuto110やペンFと言ったイメージサークルの小さいレンズについては、マイクロフォーサーズを使用したほうが優れています。

記載については、間違いのないよう記載しておりますが、誤っていたりや情報が古かったりについてはご勘弁ください。
続きを読む

遅くなりましたがNEXを触ってきました。

散歩日和

散歩日和

DMC-G1 + Angenieux 3inch f/2.5

遅ればせながら、NEX-3も発売になったと言うことで、NEX-5とあわせて店頭まで見に行ってきました。

前評判はかなりよく、事前予約も上々だったようですが、やはり自分の場合は実機を触るまでは分からない部分があると信じているので、もしそれだけ評判がよかったとしても、いきなり予約で買うと言うのは、よほどの衝動に駆られたときしかありません。

実機を触ったときに良いと感じたのは、やはりボディのコンパクトさと、液晶の精細さです。特に液晶の精細さに関しては際立っていました。流石家電メーカーと感じさせます。

あと意外だったのが、シャッター音がかなり良いという部分。撮ってて楽しくなると言うか、写真撮ってる!って感じる音なのでとてもいい感じです。
コンパクトで気楽なイメージも与えライトユーザーにもアピールしつつ、本格的なユーザーも意識している感じですね。

ただ、やはり危惧していた通り、右手でカメラをホールドすると、ダイヤル部分が非常に使いにくい。
オートで撮れば問題ないんでしょうが、撮影の合間にISO感度や感度補正を行いたいときに、メニューをいちいち開いて、設定するのは結構面倒です。

ただ、そこらへんも慣れの問題かとおもいます。このサイズで、一眼並みのボケ味を生かした写真が撮れ、フルHDの動画が撮れると言うことに意義があるのです。

発売されてまだ一週間程度しか立ってないのに、どうやらEマウントへM4/3に変換するアダプタが発売されると言ううわさが出てきました。
コレ買えば、CマウントレンズだろうがMマウントだろうが付けることができます。
コレはもう、ボディよりも先にレンズを買えということですね。

APS-Cのミラーレスと言うことで、Lマウント・Mマウントそれに、コンタックスのGレンズあたりにますます注目が集まりそうですね。

  

初心に戻れ

CAFE

DMC-G1 + P.ANGENIEUX 25mm F1.4

久しぶりにがっつりと写真を撮る機会に恵まれまして、2台体制で撮影に臨みました。

カメラは、パナソニックのG1とニコンのF3HP。
レンズも迷ったんですが、やはり単焦点が一番ということで、

  • DMC-G1 + P.Angenieux 25mm F1.4
  • Nikon F3HP + Nokton 58mm F1.4

で行くことにしました。

F3は久しぶりに使いましたが、やはり「ここだっ!」って言う時に写真が撮れてホントに気持ちがいいカメラです。
DMC-G1はゆったりと写真を撮る感じですが、ともすればシャッターチャンスを逃してしまいますが、F3ではそれが少ないです。

ファインダーの見え方がここまでクリアで、ピントがあってる場所がぱっと分かるので、ずっと覗いていたくなります。

そんなこんなであっという間に1本撮影してしまいました。

やっぱいいわニコン!(キムタク風)

*****
自分のカメラとの出会いは、さかのぼること10年近く前になります。 続きを読む