NEXとマイクロフォーサーズの住み分け

紫陽花

DMC-G1 + Kern MACRO-SWITAR 1:1.4 36mm H8RX

NEXが発売となり、ちょうど一ヶ月。怒涛のようにマウントアダプタが発表・発売され、あっという間にマイクロフォーサーズと同じ土俵に来てしまった感があるが、マイクロフォーサーズのときのような、ドキドキ感やワクワク感はあまりない。使えないレンズが使えることが当たり前になってしまい、感動が薄れているからかもしれない。

でも、多分、FDマウントやMマウントユーザにとっては、NEX-3とNEX-5は感動の製品なんでしょうね。
ただ、Cマウントユーザにとってもメリットがまったくないわけではなく、Eマウントの口径の大きさにより、今までは、レンズのマウント部が大きすぎて付けることのできなかったレンズを装着することができるようになりました。これで、今まで、無理やり改造して使用していたレンズやマウント部の大きいTVレンズが使えるようになりますので、特にTVレンズは値段が安いのも多いので、カジュアルユーザを増やせるのではないかと言う期待があります。
そもそもカジュアルな人がCマウントなんて使わないと言うのはおいておいて(笑)

私は、最近ではCマウントレンズも25mmあたりはだいぶ充実してきたので、もう少し望遠側も攻めてみようかなと思ってみたものの、50mm付近では、Cマウントではなくても、ほかにいいレンズがたくさんあるし値段もこなれているので、35mmレンズでいいのではないかと思えるし、FDレンズでいいのではないかと思えてきたりと、すこし立ち位置が微妙になってきました(汗

でも自分は、やっぱりCマウントレンズのグルグルが大好きなんですよね。もちろんグルグルしないレンズもありますが、この超個性的なレンズを使ってどうやって写真を撮ろうかと考えるのが楽しいんです。

それに、意外と外でのレンズ交換って面倒で結局一本しか使わないってことも結構ありますし、単焦点の標準レンズだけで攻めると言うのは、結構好きだったりします。

個人的に愛用しているレンズは、
Carl Zeiss Jena Tevidon 25mm F1.4
P.Angeniux 25mm F1.4
Kern MACRO-SWITAR 1:1.4 36mm H8RX

この3本ですね。 続きを読む

休日散歩

藤の花

DMC-G1 + Kern MACRO-SWITAR 1:1.4 36mm H8RX

家の近くに、藤の花がきれいに咲いている家があり、毎年きれいだなぁと思っていましたが、気づくと散ってしまっていました。今年は、ちょうどいい時に休みが取れたので、そこまで撮影しにいってきました。

勝手に撮影するのもなんなので、家の方に写真とっていいですか??と言ったら快諾していただけたので、色々とレンズを交換しながらの撮影。

とても手入れが行き届いており、公園などにある藤棚よりも綺麗でした。

いろんな画角を試してみましたが、藤の花を撮るのは難しいですね。
アップにしすぎると藤の花だとわからなくなるし、引いて撮ると余計なものが映り込んだり、ありきたりな写真になったりと、かなり奥が深いです。

結局色々と撮りましたが、やはりケルンのマクロスイターで撮影した写真が一番好きですね。
H8RXなので、80cmより手前しか撮れませんが、花の撮影には十分ですね。

「花を撮るならマクロスイーター」というのが自分の中で定着しそうです。

このレンズはイメージサークルの関係上、先日発表されたNEX-5やNEX-3を使う必要がまったくありませんので、ゆっくりと撮影ができる花や小物などはこのカメラで問題ないです。

ネット上では、少しずつ、NEXシリーズを試してきたレポートが出始めていますね。
おおむね良好のようですが、画面の一部を拡大する方法と撮影時にトリミングできるかが気になりますね。
コレができれば、Cマウントレンズでも問題なく使用できるかと思います。
まだどこのメーカーからもEマウントのマウントアダプターについての情報が出ていませんが、とりあえず、Mマウントは確実に出てくるでしょうね。その次は、FDマウントあたりでしょうか。

まだどのメーカーからも発表が無い状態ですと、自分の中で都合のいいことを色々と妄想ができて楽しいです。

   

華爛漫

サクラ

DMC-G1 + Kern MACRO-SWITAR 1:1.4 36mm H8RX

いつもブログを読んでくれている人と話す機会が有りまして、カメラネタも良いが、写真も載せれば?と言われた。

確かにこのブログは、Cマウントを含めレンズの良さをアピールするブログには違いないし、レンズの情報を語って行くつもりだが、やはりいくらレンズの良さを語ったところで、撮った一枚の写真に勝るものはない事は事実である。

と言う事で久しぶりに写真を載せてみた。

このKern MACRO SWITAR 1:1.4 36mm H8RX(ケルンのマクロスイーター36mm F1.4 H8RX)は、 続きを読む

Kern MACRO-SWITAR 1:1.4 36mm H8RX

手元にあるレンズの紹介です。

Kern MACRO-SWITAR 36mm F1.4 H8RX

Kern MACRO-SWITAR 36mm F1.4 H8RX

スイスのKern社のMACRO-SWITAR 1:1.4 36mm H8RXです。

このレンズ、H8RXと言う名前がレンズについているもので、マウントはCマウントスクリューであることには違いないのですが、16mm用のレンズではなく、8mm用のレンズだそうです。そのため、フランジバックの長さが違い、通常のCマウントの17.526mmでもなく、Dマウントの12.29mmでもないです。いつも良く参照させていただいておりますサイト「英国自転車 クラブモデル」さんによると15.305mmだそうです。つまり2mmほど短いと言うことですね。

画角が36mmなのでマイクロフォーサーズだとちょうど中望遠となるため、ポートレートにちょうどいいかと思いきや、上記の影響で近接撮影しか行えません。対面で座った人の顔のアップが撮れるくらいなので、人撮りには使えませんね。花などを撮影するのにちょうど良いと思います。

アルパマウントのMACRO-SWITARは、非常に人気があるようで、まったく手が出ませんが、このレンズは近接撮影しかできないと言うこともあって、割と手軽な価格で買えると言うことで、興味があったので、手に入れてみました。

Kernのレンズは、SWITAR 25mm F1.4を持っていますが、それとはまったく違った描写をして、とろけるようなボケ味は美しいの一言です。ポートレートに使いたい・・・。

改造して、無限遠まで出せることを期待して買ったのですが、無理そうです。残念。

MSオプティカル辺りに相談するものありかもしれないと思いましたが、レンズ自体が、G1/GH1/GF1/E-P1にしか使えないことを考えると、ちょっとそこまではできないなと言う感じです。

こういった、今までまったく利用価値が見出せなかったレンズが、マイクロフォーサーズの登場によって脚光を浴びるというのは、面白いですね。