オールドレンズパラダイス

DMC-GF1 + P.ANGENIEUX F.25 1:0.95 TYPE M1

DMC-GF1 + P.ANGENIEUX F.25 1:0.95 TYPE M1

初号機@富士急ハイランド
絞ればアンジェニューでもしっかり写る。

****

東急セミナーBEのオールドレンズパラダイスでいつもお世話になっている講師であり、ライター兼フォトグラファーの澤村先生が、先日出版した「オールドレンズレジェンド」が中々近場で売っていなかったのだが、ようやく手に入った。

早速読んでみたのだが、 続きを読む

もう冬だよね。

DMC-GF1 + Pentax-110 1:2.8 18mm

DMC-GF1 + Pentax-110 1:2.8 18mm

前回ブログを書いてからほぼ2ヶ月ほど経過したようです。季節はすっかり冬。一時期は結構書いていましたが、最近はめっきり書く気力がわかないし、発信する情報も無いしと悪循環。

原因として、 続きを読む

Pentax Qとマウントアダプタ

DMC-GF1 + Angenieux 3inch f/2.5

DMC-GF1 + Angenieux 3inch f/2.5

8月31日に発売されたペンタックスQ。ようやく触ってこれたので、その話。

第一印象は「小さい!」でした。センサーサイズが小さいのだから、当然かも知れませんがこれで一眼??という感じです。

カメラとしては、卒なくまとまっている印象でした。
ただ、あまり手の大きくない自分でもホールド感がいまいちで、右手でグリップを持つと、左手は添える感じになるため、しっかりと固定している感じがしません。
小さいので仕方ないですが、だったらグリップ部分は必要ないのかなと感じました。
予約購入特典で、「ペンタックスオリジナル ボトムグリップ」でも付けてもらったら、良かった気がしてきます。

画質については、データを背面液晶で確認しただけですので、何とも言えません。
正直、あの背面液晶では詳細に確認することは厳しいですね。

フランジバックはとても短いが、35ミリフィルム換算で約5.5倍と言う超望遠仕様ですので、マウントアダプタの世界ではイマイチ盛り上がりに欠けています。

ただ、Pentaxが公式で参考出展してきたKQアダプタなどは、解像度の高いレンズを装備すれば、望遠撮影を容易に出来るので、お気軽、月撮影なんかも出来そうです。

と思ってたら、早速トミーテックの中川さんがマウント作成しているようなことを書いてますね。

シネレンズあたりも活発なようで、Dマウント用のアダプタが出る予定があるらしいです。楽しみです。

個人的には、Dマウントレンズは持っていないので、CSマウント用のアダプタが早く発表されないかなと思っています。以前の記事で、ペンタックスQで使うと面白そうなマウントのフランジバックを載せましたが、以下のようなフランジバックですので、CSマウントレンズも装着可能なはずです。

マウント名 フランジバック レンズ内径 画素サイズ/コマサイズ
M4/3 17.3×13.0mm
Qマウント 9.2mm 6.2×4.6mm
Dマウント 12.29mm 15.875mm(5/8inch) 5.3×4.01mm(8mmフィルム)
CSマウント 12.5mm 25.4mm (1inch) 10.41×7.47mm(16mmフィルム)
H8RXマウント 15.305mm 25.4mm (1inch) 5.3×4.01mm(8mmフィルム)
Cマウント 17.526mm 25.4mm (1inch) 10.41×7.47mm(16mmフィルム)

個人的な予想ですが、このカメラで発売されるマウントアダプタは「公式のKマウント」、「Dマウント」、「CSマウント」ではないかと踏んでいます。Cマウントに関しては、(C-CS変換リングかませれば、すぐに使えますし)

CSマウントアダプタが出れば、2.8mmのリングをかませれば、H8RXマウントのKern MacroSwitarが利用できます。

レンズのタイプは3種類
36mm f1.4(35mm換算で198mm)
12.5mm f1.3(35mm換算で68.75mm)
5.5mm f1.6(35mm換算で30.25mm)

マウントアダプタ発売の発表が待たれます。そのころにはボディも値下がりしているでしょうから、買うかもしれません。

1/2.3の不純な感情

午後のひととき

お久しぶりです。

あまりに久しぶりすぎて、どんな風に文章を書いていいかよくわからなくなりました。

でも自身がブログを書いていなくても、世の中は流れていくのであって、すでに来年のCP+の出展企業を募集し始めたとか・・・。

それにしてもリコーによるペンタックスの買収は驚きました。今後どんな展開になっていくのでしょうかね。ペンタックスユーザは不安かもしれませんが、海外に身売りされなかっただけでも、良かったかもしれません。

閑話休題

ペンタックスから6/23に発表されたPentax Qですが、期待は高かったもののふたを開けてみるとオールドレンズファンからは、あまり評価の高いものでは有りませんでした。

そりゃあ、センサーサイズが1/2.3型では、オールドレンズつかったら望遠になりすぎるわ、周辺部のレンズの特徴は出ないわで 良いことなしですからね。

ただし、それらは、フルサイズ用のレンズを使うからそう思うのであって、私のようなメジャー路線を行かない人間にとってはかなり興味深いカメラです。

センサーサイズ1/2.3型。フランジバック 9.2mm。このスペックが意味するものは、現行あるレンズというレンズがフランジバックの観点から考えると付くということです。

とは言っても前述のようにマイクロフォーサーズやAPS-Cで使えるレンズに関しては、そっちで使ったほうがボケ味も大きくなるわけですし、 このペンタックスQで使う必要性がありません。
となると、必然的にこのカメラで性能を十二分に発揮できるレンズは、今まで、マイクロフォーサーズでもケラれてしまったり、フランジバックの関係でつけることが出来なかったシネレンズに限られてくるはずです。

ここでPentax Qでの使用に向いていると考えうるレンズの含めたスペックを上げてみます。

マウント名 フランジバック レンズ内径 画素サイズ/コマサイズ
M4/3 17.3×13.0mm
Qマウント 9.2mm 6.2×4.6mm
Dマウント 12.29mm 15.875mm(5/8inch) 5.3×4.01mm(8mmフィルム)
CSマウント 12.5mm 25.4mm (1inch) 10.41×7.47mm(16mmフィルム)
H8RXマウント 15.305mm 25.4mm (1inch) 5.3×4.01mm(8mmフィルム)
Cマウント 17.526mm 25.4mm (1inch) 10.41×7.47mm(16mmフィルム)

やはりこの中で、オールドレンズを選択したいということであれば、一般的に言えば、Cマウントが種類も多くお勧めしたいところですが、あえて私はDマウントやH8RXマウントのレンズがいいと思う。今まで使えなかったレンズがこのカメラによって使えるとなれば、また新しい描写のレンズに出会える可能性があるからね。

とりあえず、マウントアダプタが出てくるのが楽しみです。

  

CP+に行ってきた。その4

D700 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

D700 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

Cマウント。シネレンズ。いい意味でも、悪い意味でも自分の人生観を変えたもの。
この認識は、間違っているとは思っていません。あのレトロでありながら、時代の最先端をいっているような描写は、今まで使ったレンズ、どれでも再現することが出来ません。

CP+2011で入った「カメラ博物館」の特別展示「電子カメラ 誕生30周年展」で、とても珍しいものを見つけてしまいました。
続きを読む