いよいよ明日発売。RICOH GXR MOUNT A12

DMC-GF1 +  P.ANGENIEUX F.25 1:0.95 TYPE M1

DMC-GF1 + P.ANGENIEUX F.25 1:0.95 TYPE M1



この商品の影響で、GXRの本体中古が品薄だとか。

ネット上ではローパスフィルターレスだから良いだとかいろいろと言われているけど、正直、ローパスフィルタがあるGXRというのは無い訳で、比較のしようがないのではないかなと思ったりもするし、があるのと無いのでの違いがよくわからないところですが、少なくともCマウントばっかりの自分にとっても、やはり気になるアイテムである事には違いが無く、Mマウントレンズをアダプタを経由する事無く接続できるという部分に購買意欲を掻き立てられます。

Mマウントがつけられて、APS-Cサイズのセンサー持っている機種というと、ライカのM8/M8.2、エプソンのR-D1s、ソニーのNEXシリーズあたりであるがMマウント専用デジカメに関しては、値段が高すぎるのがネックだった。
その点、このGXR MOUNT A12に関しては、ボディとあわせても、実売で9万円しない訳で、安いと言えるのではないだろうか。

また、自分が見ていて一番大きい機能だなと思ったのはやはり、 続きを読む

付かぬなら付けてみせようペトリレンズ

GF1 with Petriレンズ

GF1 with Petriレンズ


DMC-G1 + Macro-Switer 1:1.4 f=36mm

ずいぶん前から、写真友達がペトリの描写が良いって言ってて、実際に使ってみたら結構いい感じなので、どうしてもデジタルでペトリレンズが使ってみたかった。

でも無いんですよね、アダプタが。需要が無いって言うかマイナーって言うか。

先日、東急セミナーBE参加した 写真家・フリーライターの澤村 徹さんが講師のセミナーでも、ペトリのマウントアダプタが無いって言う話があがっていました。
やはり、同じ趣味を持つ人たちと集まるのは、本当に楽しいですね。次回も楽しみです。
続きを読む

マイクロフォーサーズは、Cマウントのようになるのか??

DMC-G1 + P.Angeniuex 25mm F1.4

DMC-G1 + P.Angeniuex 25mm F1.4

カメラ本体の方の話題は乏しくなっていますが、ここ数日、マイクロフォーサーズ周りが随分熱気を帯びている。

勿論、その理由は、シュナイダーのマイクロフォーサーズ賛同に続き、カールツァイスの賛同も発表されたからだ。

コシナの賛同とノクトン25mm F0.95が発表されたときも、かなりの驚きがあったが、今回の発表には大きな意義があると考えられる。

■ライカとツァイスの夢の競演。

ライカもツァイスも互いにドイツのレンズメーカーの雄であるが、今まではライカはパナソニック、ツァイスはソニーへのレンズのライセンス供与という形で、同じマウントでレンズの選択をすることができなかった。

しかし今回の賛同により、マイクロフォーサーズに、その2社がレンズを供給することになる。もちろんそれに加えて、シュナイダークロイツナッハも加わるわけだから、ほぼ独占状態のキヤノン、ニコンにとってはかなりの脅威といえるだろう。

■レンズメーカーとカメラメーカー

今は、カメラメーカーがレンズを作って一緒に売るのは、普通のことであり、何の疑問も持たない。むしろサードパーティのレンズを使っていると、ケチっていると思われる節がある。
しかし、レンズとの連動がさほど難しくない時代には、ほかのメーカーが、レンズだけを製造するというのはよくあることだった。
Cマウントも多分に漏れず、いろいろなメーカーがレンズを供給していた。もちろんスクリューマウントであり、接続の機構が単純というのもあるかもしれないが。
ツァイス、ライカ、アンジェニュー、シュナイダー、ケルン、ニコン…。OEMも加えたら、数え切れないほどのメーカーがレンズを出しています。

このまま賛同するメーカーがどんどん増えて、マイクロフォーサーズがCマウントレンズのような状況になったら、かなりおもしろい状況です。

個人的にはアンジェニューが賛同してくれたら、嬉しいですね。

まぁ、賛同するのは簡単だが、実際にどういった商品を投入してくるかがわかっていないので、この後どのようなラインナップをそろえてくるのかが非常に楽しみです。

やはりマニュアルフォーカスで、大口径単焦点を出してくるのか、はたまた、オートフォーカス機能を備えたレンズを出してくるのか、非常に気になります。
ただでさえホットな話題なのにオートフォーカスのレンズなんて発表してきたら、クラシックカメラ愛好家の間で激震が走りますね。

しばらく、小康気味だったMicroFourThirdsもまた熱くなってきました。

LumixのGシリーズとGFシリーズの使い分け

DMC-GF1 + Angenieux 75mm F2.5

DMC-GF1 + Angenieux 75mm F2.5

今更ながらあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

DMC-GF1が手元に着てからかなりの出動回数です。やはりスクエアフォーマットは新鮮で、色々と試したくなります。

特に、Angeniuexの25mm F0.95との相性がよくて、常用レンズとなりつつあります。ま四角写真だとケラレがほとんど発生しないので良いです。

アンジェニューのこの淡い感じがたまらないですね。

マイクロフォーサーズといえば、Nokton 25mm F0.95もようやく在庫が出てきたようで、ヨドバシカメラの展示してあるコーナーでも熱心に店員さんと話をしている人を見かけます。
盗み聞きをしているつもりはないのですが、 続きを読む

いまさらながらDMC-GF1を買ってみた

Photo

DMC-G1 + P.Angeniuex 25mm F1.4

12月頭に、LumixのマイクロフォーサーズDMC-GF2が発売となったわけですが、DMC-G2のポジションが危うくなってしまう感じの進化だと私は感じました。EVFが無いのと液晶がフリーアングルであること以外は、スペックが上回っている気がします。ようは、普通の人が使うには十分だということですね。

極端なハイアングルやローアングルで写真を撮ったり、直射日光のもとで精密なピント合わせが要求されるような場合というのを諦めるという選択肢が取れるのであれば、間違いなくシリーズの中で一番の買いだと思います。

私にとってGF1から進化した中でAVCHD対応がやはり一番興味をひくところでした。

GH系と比較して、 続きを読む