付かぬなら付けてみせようペトリレンズ

GF1 with Petriレンズ

GF1 with Petriレンズ


DMC-G1 + Macro-Switer 1:1.4 f=36mm

ずいぶん前から、写真友達がペトリの描写が良いって言ってて、実際に使ってみたら結構いい感じなので、どうしてもデジタルでペトリレンズが使ってみたかった。

でも無いんですよね、アダプタが。需要が無いって言うかマイナーって言うか。

先日、東急セミナーBE参加した 写真家・フリーライターの澤村 徹さんが講師のセミナーでも、ペトリのマウントアダプタが無いって言う話があがっていました。
やはり、同じ趣味を持つ人たちと集まるのは、本当に楽しいですね。次回も楽しみです。
続きを読む

CP+に行ってきた。その4

D700 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

D700 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

Cマウント。シネレンズ。いい意味でも、悪い意味でも自分の人生観を変えたもの。
この認識は、間違っているとは思っていません。あのレトロでありながら、時代の最先端をいっているような描写は、今まで使ったレンズ、どれでも再現することが出来ません。

CP+2011で入った「カメラ博物館」の特別展示「電子カメラ 誕生30周年展」で、とても珍しいものを見つけてしまいました。
続きを読む

CP+に行ってきた。その2

D700 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

D700 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED



写真は、もちろんペンタックスブース。k-rのカラフルな展示が目に付きました。
これだけ、カラフルだと一個ぐらい思わずオリジナルの一台が欲しくなってしまいます。

それではその2いきます。

■パナソニックユーザにも寛容だったオリンパスブース

オリンパスブースは、 続きを読む

CP+でマイクロフォーサーズ用のツァイスレンズが展示

DMC-GF1 + P.ANGENIEUX F.25 1:0.95 TYPE M1

DMC-GF1 + P.ANGENIEUX F.25 1:0.95 TYPE M1

9日から開始されているCP+2011ですが、私も12日に行ってこようと思っています。

今まで一度も行ったことがないので、楽しみなのですが、普段見ているデジカメwatchで続々と新製品情報が出てきているので、気になってみてしまって、うれしい反面、先に知ってしまっていることに、ちょっと複雑な心境です。

色々と見たいと思っているところはあるのですが、やはりCP+2011の開催前に、矢継ぎ早に発表されたMicro FourThirds賛同に関しては気になるところです。

と、思っていたら、 続きを読む

マイクロフォーサーズは、Cマウントのようになるのか??

DMC-G1 + P.Angeniuex 25mm F1.4

DMC-G1 + P.Angeniuex 25mm F1.4

カメラ本体の方の話題は乏しくなっていますが、ここ数日、マイクロフォーサーズ周りが随分熱気を帯びている。

勿論、その理由は、シュナイダーのマイクロフォーサーズ賛同に続き、カールツァイスの賛同も発表されたからだ。

コシナの賛同とノクトン25mm F0.95が発表されたときも、かなりの驚きがあったが、今回の発表には大きな意義があると考えられる。

■ライカとツァイスの夢の競演。

ライカもツァイスも互いにドイツのレンズメーカーの雄であるが、今まではライカはパナソニック、ツァイスはソニーへのレンズのライセンス供与という形で、同じマウントでレンズの選択をすることができなかった。

しかし今回の賛同により、マイクロフォーサーズに、その2社がレンズを供給することになる。もちろんそれに加えて、シュナイダークロイツナッハも加わるわけだから、ほぼ独占状態のキヤノン、ニコンにとってはかなりの脅威といえるだろう。

■レンズメーカーとカメラメーカー

今は、カメラメーカーがレンズを作って一緒に売るのは、普通のことであり、何の疑問も持たない。むしろサードパーティのレンズを使っていると、ケチっていると思われる節がある。
しかし、レンズとの連動がさほど難しくない時代には、ほかのメーカーが、レンズだけを製造するというのはよくあることだった。
Cマウントも多分に漏れず、いろいろなメーカーがレンズを供給していた。もちろんスクリューマウントであり、接続の機構が単純というのもあるかもしれないが。
ツァイス、ライカ、アンジェニュー、シュナイダー、ケルン、ニコン…。OEMも加えたら、数え切れないほどのメーカーがレンズを出しています。

このまま賛同するメーカーがどんどん増えて、マイクロフォーサーズがCマウントレンズのような状況になったら、かなりおもしろい状況です。

個人的にはアンジェニューが賛同してくれたら、嬉しいですね。

まぁ、賛同するのは簡単だが、実際にどういった商品を投入してくるかがわかっていないので、この後どのようなラインナップをそろえてくるのかが非常に楽しみです。

やはりマニュアルフォーカスで、大口径単焦点を出してくるのか、はたまた、オートフォーカス機能を備えたレンズを出してくるのか、非常に気になります。
ただでさえホットな話題なのにオートフォーカスのレンズなんて発表してきたら、クラシックカメラ愛好家の間で激震が走りますね。

しばらく、小康気味だったMicroFourThirdsもまた熱くなってきました。