キーボードを買い換える

現在、自宅で使用しているキーボードは、マウスとセットで販売されていた、マイクロソフトのWireless Natural MultiMedia Keybordと呼ばれる、エルゴノミックタイプのキーボードです。
PS/2接続のワイヤレスなので親機を切り替え機に付けています。

最近ディスプレイを買い換えていよいよ、ディスプレイをすべてDVI接続にしてしまおうと思い、切り替え機を買い換えようと思ってます。
しかし、切り替え機を買い換えるとなると
ディスプレイ:RGB→DVI
マウス:PS/2→USB
キーボード:PS/2→USB

とすべて変更になるため、必然的に一緒にマウスとキーボードを買い換える必要があります。
しかし色々と現行品を探していますが、なかなか満足できるものがありません。

私が、キーボードマウスを選ぶ基準として
○2.4GHz帯に対応しているワイヤレス(動作範囲が10m)
○マウス・キーボードの受信部がUSB接続
○エルゴノミック

上記3点を満たしていて欲しいです。

ワイヤレスに関しては、家のパソコンを設置している環境上そっちのほうが便利なので必要ですし、USB接続に関しては今回の買い替えの基準になっているのではずせないです。
エルゴニミックに関しては、かなり種類が限られるので最悪妥協してもいいのですが、できれば欲しいところです。

今回色々探していたのですが、結局満たしたものがなくとりあえずで使えるUSB接続の物を探していました。

そこで、kakaku.comで売り上げ・評判がそこそこの「Microsoft Wireless Desktop 3000」を買うことにしました。
マウス・キーボードあわせて6000円位とかなりリーズナブルです。

割と最近出た新製品。2.4GHz帯に対応しており、BlueTrackテクノロジーを採用したもので、使うのに問題はなさそうです。

早速注文して到着したので、使用レポートを。

まず、文字入力の遅延はほとんど感じられません。十分です。
また27MHzのワイヤレスとは違い、文字が入力されないということもありません。ここもいい感じです。

マウスに関して。左右対称のデザインなので左利きの人にとってはいいのかもしれませんが、今まで非対称のを使っていたので、使いにくいです。
特にサイドにあるボタンが押しにくい。手が小さいからか持ち直してから押しなおす必要があるため微妙です。サイドボタン使わないなら問題ないですが、普通は入力デバイスを後から買う人なら使いますよね。

キーボードに関して。キーストロークが浅いため、打った感じがしないです。パンタグラフではないようですが、家で使うには物足りません。あと評価を見て分かっていたのですが、予想以上にファンクションキーが打ちにくい。

仮で使うにはこれでいいですが、もともと使っていたものがかなり気に入っていて、それと比較するとワイヤレスの認識が良くなった部分を差し引いてもイマイチでした。
まぁ金額が金額なので、はじめからそんなに期待はしていませんでしたけどね。

やはりもう少し高いものを買うべきでした。

ただ、金額を考慮するとコストパフォーマンスは高い製品だと思いました。
この金額で10mまで対応しているワイヤレスのマウス・キーボードセットは他にありませんし、BlueTrack搭載されているのでマウスポインタが飛びにくいし、いろいろとマルチメディアキーも搭載されていて一般的な人が使うには十分です。

価格と性能の折り合いを付けることが重要ですね。

2 Replies to “キーボードを買い換える”

  1. そろそろエルゴノミックはあきらめた方がいいかもしれないですね。
    あきらめきれないならスイッチから購入して自作とかいいかもしれません。

    1. >Blattさん

      色々考えて、もうエルゴノミックはあきらめました。
      Majestouch + MX620で行くことにします。

      でとりあえず使えればいいやと思ったマイクロソフトのワイヤレスキーボードがあまりにしょぼすぎて、泣きそうです。
      最近流行の薄型パンタグラフ風のを買ったんですが、キーストロークが浅すぎて打っている感じがしません。

      あと、DVIのKVMを買いました。かなり快適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です