「DMC-GH1」「DMC-G1」のファームウェア公開

2009/9/17パナソニックが、DMC-G1とDMC-GH1用の新しいファームウェアを公開しました。

両機種ともに、AF精度や露出制御の安定が図られたようです。前バージョンからの社外品バッテリーが使えなくなるのは今回のも同様のようで、社外バッテリーを使っている人は注意が必要です。

同時に「LUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 MEGA O.I.S.」のファームウェアアップデートも行われているのは、GH1を使って動画で運動会を撮影する人がいることを考慮しての対応ですかね?

しかし常にMFで撮影している自分にとっては、よほどの不具合にたいするアップデートでなければ、行う必要がまったくないという

しかし、GF1で実現している撮影画像の1:1アスペクト比が、G1にも機能増強される日は来るのだろうか??楽しみにしているのにな。

2 Replies to “「DMC-GH1」「DMC-G1」のファームウェア公開”

  1. バイナリ観察してみました。
    ローダ部分と本体が入っていると思うのですが、よくわかりませんでした。まだまだ修行不足ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です